産業財産権産業財産権著作権その他の知的財産権知的財産権の取得方法
TOP >> 著作権 >> 著作財産権 >> 複製権
prologue

著作権の中でも最も重要な権利の一つに「複製権」があります。最近は、CD-ROMやDVDなどが普及しているために、自分で気に入った音楽や映像をコピーして保存している人もいるでしょう。ですが一歩間違えてしまうと、複製権を侵害してしまうこともあり得ます。「知らなかったから」というわけにはいきません。「複製権」を侵害してしまわないためにも、どのような権利なのかを知っておいてください。

複製権を知る

複製権は、著作権法第二十一条で規定されている著作財産権です。第二十一条では「著作者は、その著作物を複製する権利を専有する」(『社団法人著作権情報センター』 http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#021より)と明記されています。作品を複製してもよい、と許可できるのは本来その著作者のみなのです。

複製権の重要性

複製権の重要性

この複製権は、著作財産権の中でも重要な権利の一つです。「複製」とは、作品を印刷、写真に撮影、かき写し、録音、録画、複写などが含まれます。また、スキャナーでパソコンに取り込むことも複製にあたります。今の時代、簡単に作品を複製することができますが、誰もが無断で複製を繰り返していると、作品を生み出し販売している著作権者の売り上げが減り、収入がなくなってしまいます。それを防ぐための権利が複製権なのです。通常、本や雑誌などに掲載される作家の作品は、著作者である作家自身が「複製権」と複製品を販売する権利である「譲渡権」を出版社に委託されます。そして、出版社から報酬を受け取ります。このように、複製権は、著作者が次を作り出すための収入を保護しているのです。複製権の役割は、著作者が出版社などに「複製することを認める」権利なのです。

複製権の侵害はどこからか

複製権の侵害は?

自分が購入したCDやDVDを友人にコピーしてあげたり売ったりすること、これらも複製権の侵害にあたります。複製権の中で、複製が認められているのは、個人で楽しむ等の私的使用のためだけで録画・録音する場合は、複製権の侵害にはなりません。ですが、コピーしたものを誰かに貸したり販売したりすると、その瞬間から複製権を侵害することになるのです。個人が個人へコピーしたものを渡してもわからないから平気、と思っている人もいるかもしれません。しかし、これらの行為は複製権侵害に当たり、著作者に影響を与えてしまうのです。



LALAGAMES8-紲罔
膃筝蕁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 筝筝蕁 絨冗ゝ
lalagames8紲罔,。亥羮渇